PR

※アフェリエイト広告を利用しています

ソロ活女子のススメ4第5話のロケ地や撮影場所は?遊園地の妖精役の俳優は誰?

エンタメ

スポンサーリンク

2024年4月3日(水)から、江口のりこ主演の「ソロ活女子のススメ」シーズン4が、テレビ東京水曜深夜のドラマ枠「水ドラ25」で放送されます。

「Lemino」で全話先行配信中なので、一足先にご紹介いたします。

このドラマは2021年4月に初めて放送されたシーズン1でスタートし、SNSを中心に話題となり、海外でも高い評価を受けました。

そこで今回は、第5話「ソロ活遊園地で170年分の『楽しい』を集めて」のロケ地を調査しました。

遊園地

今回五月女恵が訪れたのは、日本最古の遊園地「浅草花やしき」です。

浅草花やしきは、江戸時代末期嘉永6年(1853年)に牡丹と菊細工を主とした花園(かえん)として誕生しました。

明治5年頃からは遊戯施設が置かれ、大正天皇も
お忍びで来園されるほど人気でした。

震災や戦禍により閉園、昭和24年(1949年)に遊園地として再建しました。

ここからは五月女恵が、楽しんだアトラクションをご紹介します。

昭和28年に生れた日本現存最古のコースター

花やしきに行ったら是非、乗ってね!

最高時速は42km/hということで、遅いと感じるかもしれませんが、実際に乗ってみると最高速度で建物のすぐそばを走り抜けるので、スリル満点です。

見ているだけで楽しい気分にさせてくれる「ビックリハウス」

かえるになった気分で楽しめる「ぴょんぴょん」

ネーミングがかわいらしいですね!

170年前にできた時は、花と緑の花園(かえん)だったので「花屋敷」という名で呼ばれていました。

1949年に「浅草花やしき」と改名されました。

滝が眺められるのは、ちょっとした癒しスポットですね。

おすすめは、「パンダカー焼き」

その他に「OHANAMICHAYA」では、見た目が鮮やかなおむすび「花むすび」も人気です。

五月女恵と妖精さんが食べていたメニュー

パンダカー焼き:¥100 
(あずき/カスタード)

花むすび:¥340~
 (大エビマヨ/あさりと玉子/チキンと梅/ソーセージとコーン/ドライカレーとチーズ)

五月女恵も楽しんでいた「パンダカー」愛らしいですね♪

「パンダカー」は浅草花やしきの登録商標です。

リトルスターは、かわいいお星さまの外観とは裏腹に、ぐるんぐるんとひたすら回り続けます。

三半規管が弱い人にはおすすめしません♪

ぐるぐると回りながら激しく揺れるアトラクション。勢いよく回る「ディスク・オー」は、遠心力で恐怖を倍増です!

絶叫系が好きな方に、おすすめ!

遊園地といえば、「メリーゴーランド」。レトロな雰囲気で楽しませてくれます。

「カーニバル」は2歳から乗ることができます。

レトロな船に乗って空の旅を楽しめるアトラクション「スカイシップ」

浅草の街の景色や園内を一望できます。

海賊船の他にたった一台「黒船」があります。これに乗れたらラッキー!

浅草花やしきができた年は「黒船来航」と同じ年だったことにちなんで、黒船があるそうです。

日本最古のハンバーガーチェーン店「DOMDOMハンバーガー」

五月女恵がハンバーガーを食べていた「スカイプラザ Sky Plaza」からは、花やしきを一望でき、スカイツリーや浅草寺も見える、穴場スポットです。

スポンサーリンク

五月女恵との掛け合いが面白く、独特な話口で本当に江戸っ子の落語家?と思ってしまった方もいらっしゃったのではないでしょうか?

この妖精さん役の俳優は「本多力(ほんだちから)さん」です。

立命館大学在学中、劇団「ヨーロッパ企画」に99年から参加し、今ではテレビや映画などジャンルを問わずに活躍する実力派俳優です。

名前:本多力

生年月日:1979/6/12

血液型:A型

身長:168cm

出身地:京都

趣味:散歩 演劇鑑賞

ジャンル:俳優 、声優・ナレーター

最終学歴:立命館大学産業社会学部

大河ドラマ「光る君へ」の百舌彦役で出演されていました。

スポンサーリンク

住所:東京都台東区浅草2-28-1

電話番号:03-3842-8780

営業時間:10:00〜18:00(営業時間は季節・天候により異なります)
※最終入園は閉園30分前までです。

電車
  • つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩5分
  • 地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩10分

浅草花やしきは駐車場がありません。

浅草は非常に人気のある観光スポットですので、周辺の駐車場も満車になる可能性があります。

事前に駐車場予約をすることをおすすめします。

おすすめポイント
  • 確実に駐車できる。
  • スマホで簡単に予約ができる。
  • 事前に予約することで当日の時間を有効に使える。
  • 駐車料金の支払いに現金が必要ない。
  • 周辺コインパーキングよりも安くなる場合もある。

会社によって、1日単位や時間貸しがあるところ、何日前から予約可能かなどが違うので、詳細を確認してみましょう。

タイムズのBは、人気のスポット、スタジアム、アリーナ、新幹線駅近く、空港の近く、出張で使える駐車場などで検索ができるのが特徴です。2週間前から利用直前まで、スマホ・PCで簡単予約、予約時間内は出し入れ自由です。

鎌倉の対象駐車場を借りると、人力車のサービスがお得に利用できます。駐車場まで人力車が来てくれて観光地を巡ってくれます!詳しくはこちらをご覧ください。

軒先パーキングは、利用方法を動画で確認できたり、人気のスポット、スタジアム、アリーナ、出張で使える駐車場などで検索ができるのが特徴です。一日単位で借りることができ、予約時間内は出し入れ自由です。

特P(とくぴー)は、全国10万件以上の予約可能な駐車場が掲載されています。長期の方はサブスクで月極契約ができ、短期の方はマンスリーで気軽に1ヶ月単位で借りることもできます。30日前から予約ができ、予約時間内は出し入れ自由です。バイク用の駐車場、駐輪場も豊富です。

akippa(あきっぱ!)は、全国に常時35,000件以上の予約可能な駐車場が掲載されています。全国各地の駐車場を10日前から予約ができ、15分単位から借りることができるのも便利です。

入園料
大人(中学生以上~64歳): 1,200円

小人(5歳〜小学生):600円

シニア(65歳以上):600円

幼児(0〜4歳):無料

障がいをお持ちの方(ご本人様):無料
※障害者手帳【「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳(愛の手帳・緑の手帳)」】をご提示ください。

フリーパス
大人(中学生以上~64歳):2,800円

小人(5歳〜小学生):2,400円

シニア(65歳以上):2,200円

のりもの券(入園料別途)
普通料金(1枚):100円

回数券(11枚綴り):1,000円

混雑を避けるため、事前にチケットを購入することをおすすめします。

じゃらん遊び・体験で予約をするとポイントもたまるのでお得です!

ソロ活女子のススメ4は「Leminoプレミアム」と「U‐NEXT」で全話先行配信中です。

「Leminoプレミアム」はドコモが手がける動画配信サービスです。

人気の映画、ドラマ、韓流作品はもちろん、スポーツや音楽ライブの生配信・アーカイブ配信や、オリジナル作品など、ここでしか見られないコンテンツが月額990円(税込)で見放題。(※一部個別課金コンテンツあり)

初めての契約で、初月無料となります!1ヶ月の無料期間で解約もできます。

\\\「Leminoプレミアム」の詳しい詳細はコチラをご覧ください。///

「U-NEXT」は月額2,189円(税込)で利用できる動画配信サービスです。見放題作品数は33万本と国内トップクラスです。こちらも、初めての契約で初月無料となります。

「U-NEXT」の詳しい詳細はこちら

無料配信サービス(広告付き)

ネットもテレ東

TVer

スポンサーリンク

タイトルロケ地の記事
第1話‐バースデーソロ活で希望を空に浮かべたらin台湾ソロ活女子のススメ4 第一話のロケ地はどこ?台湾のおすすめスポットまとめ
第2話‐ソロ昭和レトロで昔の日本を感じるin台湾ソロ活女子のススメ4 第2話のロケ地はどこ?台湾のおすすめスポットや口コミ調査
第3話‐ソロ電車の旅&夜市で小さな幸せをin台湾ソロ活女子のススメ4 第3話のロケ地はどこ?台湾のおすすめスポットや口コミ調査
第4話‐せんべろにジェネレーションの壁はなしソロ活女子のススメ4 第4話のロケ地はどこ?おすすめスポットや口コミ調査
第5話‐ソロ活遊園地で170年分の『楽しい』を集めてソロ活女子のススメ4第5話のロケ地や撮影場所は?遊園地の妖精役の俳優は誰?
第6話‐ソロミュージアムでカハクガールズに『明るい未来』をソロ活女子のススメ4 第6話のロケ地や撮影場所は?全話先行配信しているところは?
第7話‐ソロ屋形船で一期一会の思い出をソロ活女子のススメ4 第7話のロケ地はどこ?おすすめスポットや口コミ調査
第8話‐ソロ焚き火で古代人と同じ風景を…ソロ活女子のススメ4 第8話のロケ地はどこ?おすすめスポットを調査
第9話‐人間だからソロ純喫茶
第10話‐ソロ巨大迷路イズ・マイ・ライフ
第11話‐ソロシティホテルで物語に包まれたなら、きっと…」
第12話‐ソロコリアンタウンで知る『おふくろの味』

スポンサーリンク

ソロ活女子のススメ4第5話まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回は五月女恵が、子供のように心から楽しんでいる姿が見れました。

妖精さんとの掛け合いも笑わせてくれましたね。

浅草花やしきは、日本最古の遊園地です。

レトロ感漂う楽しい遊園地「浅草花やしき」に訪れてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました